天理市 輸入車 修理実績 ベンツ・BMW

電話番号

カテゴリー:故障修理 の記事 一覧 (新着順)

ブログトップ

全10件 1件目から10件目まで表示


冷却水が減る メルセデスベンツSL63 AMG

投稿日時:2019年08月19日 17:17:29


こんにちは、
畑山です!!


さてさて、今日は
何にしようかと迷ったのですが…


少し昔の内容になりますが、
時間が無い中、夜な夜な作業をした思い出深い車を・・・


思い出深いその車は
メルセデスベンツSL63 AMG


image


症状は、
冷却水がめちゃくちゃ減る
とのこと…


補充して数週間は大丈夫…


だけど…


しばらくするとまた
警告灯が付く状況です。

早速現状のチェックから…

外回りは、
フム、水漏れ無し。


何度見ても…
大丈夫だなぁ(^_^;)


ここで私、ピンときました。


もしやのもしや…


オイルフィラーキャップを外すと…


image


ああ!出ました!
アカンやつ!!


クリーム状になり、
まるでカプチーノ状態のエンジンオイル


まさに、水とオイルが結婚したら、
こんなん出ましたけどって感じ!


これはいけませーん!!


テスターでチェックすると、
故障メモリーも左バンクのミスファイア。


スパークプラグを見ても
ベタベタ…


俗に言う、
エンジン…チン!って感じです。


車が軽自動車なら、
中古エンジンに交換!

で、終了なんですが…


車が車だけに、
中古エンジンなんてあるわけないし…


ダメもとで、エンジン分解しかありません。



というわけで意を決して、
ベンツの修理マニュアルを片手に、
左バンクのシリンダーヘッドの取り外し開始!


image


どうやら車上で脱着出来そう!


image


道のりは厳しかった〜f^_^;


image


挫折仕掛けましたが…
何とか取り外し^ - ^;


慣れないエンジン、
更には分解には特殊工具


ふぅ、
まずはクラックのチェックを開始します。


image


REDチェックという、
亀裂を診る液剤を塗布して乾かします。


亀裂は…
見当たらず…


まあ無くてよかったのですが…
あれば、シリンダーヘッド交換になるので
(軽自動車の中古車が買える位のお値段(^_^;))


各部を点検!
特に問題なし…


今のヘッドガスケットは、メタルの複合の為、
ガスケット不良なのかどうかわかりにくいんです。


image


それから、シリンダー側も、
亀裂がないかチェックして…

うん、問題なし。


image


ついでに、エンジン廻りをきれいにして ← これ・・・こだわりなんです!ただ組むだけではなく気持ちが肝心!!!

悪戦苦闘しながら組み上げました!


image


冷却水を入れて…

エンジンオイルを入れて・・・

エンジン始動!








快調!^_^)v


さらにエンジンオイルを2度入替えて、
カフェオレ状のオイルを、綺麗な色のオイルになるまで洗浄!


試運転して、

水漏れなし!
OK!!


image


あ~良かった(^_^;)
何とか、無事に完治…


しばらく様子を見ても、
大丈夫そうです!


ホント、気を使う子です!


高額車恐るべし(^_^;)


では…また…。


ベンツ・BMWなど輸入車修理は奈良県天理市のベネフルへ
TEL:0743-68-2626(営業時間 10:00~19:00 火曜定休日)
修理のお見積り・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ!

最近暑いですね。。。

投稿日時:2017年07月14日 18:35:23

初めまして。この度ブログ更新させていただきます。


私、寺本と申します。


皆様に分かり易くを目標として更新していきますのでよろしくお願いします。


さて、ここ最近暑くなって夏が本格的にきていますね。


お出かけ、通勤等車を使う時エアコンをかけませんか??


いざ使う時に温風だったら我慢できませんね。。。


今回ご入庫ありましたのが、


BMWの3シリーズ E90 エンジン型式がN43B20A


エアコンつけても、温風しかでない。。。との事でご入庫いたしました。


点検を進めて行くと、低圧が高く、コンプレッサーが原因でした、、、


今回コンプレッサーなのですが、中古、リビルド、社外新品とご提供させていただいていますが、


この車には、リビルド、社外新品がございませんでしたので、今回中古で交換いたしました。


まずは、コンプレッサーを外す為に、エアクリーナーボックスを取り外しまして、


プーリーにベルトがかかっていますので、ベルトを外します。
image

見事外れました。

ちなみにコンプレッサーはこの位置にございます。
image

次にコンプレッサーを外していきます。


ボルトが3本で本体が留まっているのですが、1本がエンジンルームからアクセスしにくいです。。。


なのでアンダーカバーを外して下から取り外しました。。。


これで、やっとコンプレッサーが取れました!!

image

後は組み付けていきます。

取り付け後です。image

取付けが終わり、真空引きをして、漏れがない事を確認いたします。


無事、漏れも無かったので、エアコンガスを規定量に補充したら完成です!!


去年と効きが違うな~とか、もう温風しかでない。。。と思っておられる方一度点検された方がいいかもしれませんね。。。


次に更新するのはアウディの某車種となっております。



ML W163 ヘッドカバー オイル漏れ修理 

投稿日時:2013年11月08日 12:53:17

こんばんは
11月ですネ~。
あと2カ月で今年も終わり、早いですね。
そんな今日はMLのオイル漏れ修理です。image
漏れの箇所はヘッドカバー、正直よく漏れます。image
交換する箇所はヘッドカバーパッキンとヘッドカバーのアッパーセクションのパッキン。
とりあえずエアーホースをずらしてヘッドカバーを取り外し、ここまでは簡単です。image
image 面倒なのがここから。
ヘッドカバーのアッパーセクション、これが面倒なのです。
何が面倒かと言えばパッキンが液状なのです。image
image 取り外しがなかなか取れません。
ワイヤーブラシで時間をかけて綺麗にします。
そして新しく液状パッキンを塗って組み付けていきます。
この作業をV6なのでヘッドカバーが左右ありますので2か所しなければなりません。
なんとか組み上げてエンジンをかけてオイル漏れがないか点検。
大丈夫です。修理完了です。image
image 車調子悪いなと思えば今年中に修理してくださいネ。
いつでもお待ちしてます。
それではまた…。

W211 E320 ラジアスロッド、ロアージョイント交換

投稿日時:2013年10月20日 20:06:02

こんばんは。
最近秋って感じになってきましたね。
今日はメルセデス・ベンツ W211なのですが12ヶ月点検で入庫。
点検してみるとフロントロアージョイントのガタつき。ブーツの中のジョイント部でよくガタつきがでるんですよね。
それとラジアスロッドのブーツのやぶれ。このブーツがやぶれてしまうとラジアスロッドの交換になり部品が高いのです。
今回はお客様と相談して社外品の部品と交換。
とりあえずタイヤ、アンダーカバーを取り外し。
ラジアスロッドの取り外し。ここまでは簡単。image
imageここからがこいつの出番。
ロアージョイント交換に必要な特殊工具。image
これがなければ交換できません。
これを設置して取り外し。取り付けにも必要です。image
なんとか交換終了です。あとは取り外した逆の順番で組み付て作業終了。image
最後に外したロアージョイントを動かしてみるとガタガタです。image
これがひどくなると脱落してしまいます。
早く見つかってよかったです。
やっぱり点検って大切ですよね。
皆さんも1年に1回は点検されたほうがいいですよ。
ベネフルはいつでもお待ちしております
それではまた…

パワーウィンドーレギュレーター交換

投稿日時:2013年09月30日 19:45:17

こんばんは
お久しぶりです、浅田です。
ブログ2回目の更新です。
ちょいちょい更新する予定だったのですが時間がなくて…(ただの言い訳)
今日はフォルクスワーゲン、ルポ。
image
助手席側のパワーウィンドーを動かしたらガラスが傾いてまったく動かなくなったとのこと。
とりあえず現象確認。
スイッチを動かすと中でモーターは動いてる。
またお決まりのレギュレーターかな?
内張りをはずして中を確認。
image
image
やっぱりレギュレーター。

レギュレーターを取り外してモーターを組み替えて取り付けて完了。image
image image
最後にパワーウィンドーの初期設定。これをしないとオートで作動しません。
オートでの作動確認して作業完了。
本当に輸入車はよくパワーウィンドーレギュレーターが故障しますね。
窓を動かすときに「変な音がするな~」って思ったら早めに修理したほうがいいですよ。
急に窓が動かなくなるとあせりますしね。
いつでも修理のご依頼お待ちしています。
それでは、また…。

スロットルワイヤー交換

投稿日時:2013年09月16日 19:54:05

こんばんわ。

はじめまして、浅田です。

これからはこちらのブログは畑山さんのかわりにできるだけ僕が更新していきたいと思います。

畑山さんみたいにうまく書けませんがよろしくお願いします。

そんな今日はメルセデスベンツW124のスロットルワイヤー交換です。
image
お客様からのご依頼でアクセル踏むと少し引っかかるとのこと。

お客様に待っていただく間に交換することになりました。

長くお待たせすることもできないので室内側からとエンジンルーム側からで二人がかりで作業。
image
エンジンルーム側は僕の師匠の畑山さん、室内は僕が作業することに…
image
取り外しは以外に素直に外れました。



取り付けなのですがワイヤーと一緒にバルクヘッドのグロメットも交換。

このグロメットが曲者。

エンジンルーム側も室内側もかなり狭いのでかなり苦戦しました。

なんとか手をねじ込んでグロメット交換OK。
image
ワイヤーの交換もOK。
image
最後にワイヤーの調整をして完了です。
image
アクセル踏んだ感じもいい感じ。

あまりお待たせせず交換できました、よかった。


お客様も喜んで、お帰りになられました。






はじめてのブログ…難しいですね。

これからはちょくちょく更新して行くのでよかったら見てくださいね。

それではまた…。

オーバーヒート

投稿日時:2013年08月31日 11:37:49

こんにちは。

8月最終日、小学生の時はかなりブルーだった記憶があります。

ご両親も、お子様の宿題のお手伝い・・・大変ですよね(^_^;)

明日からは、9月・・・秋・・・になるのやら。


そんな今日は・・・

メルセデスベンツのW168型のA190です。
image
突然、水温の警告が点いたとのことでご来店。

点検すると・・・サーモスタットの故障の様で、ラジエターのロア側のホースが・・・冷たい(^_^;)

アッパーホースは・・・あちち状態。

まずは・・・サーモスタットを点検、交換しないと・・・。

サーモスタットは・・・エアクリーナーボックスの奥と言うか下側にあります。

それから、ステアリングジョイントも外さないと、サーモが取れないんで・・・。
image
エアクリ、ジョイントなど要らない物を外して・・・。

ようやくサーモに御対面(^u^)
image
外したサーモと新品と比べても・・・見た目は同じ(^^ゞ
image
おそらくサーモの中のエレメント部分が故障したのでしょうね。

交換して、点検・・・ちゃんとサーモも開いて、オーバーヒートしなくなりました。

これだけで、よかった~(^_^;)

ところで、サーモスタットの機能としては

温度が上がると弁が開いて、ラジエターに冷却水が流れる構造になっています。

最近では、電子制御式のサーモスタットも増えましたが・・・。

近代化の波に、私たちの頭の中も近代化せねば・・・(^_^;)

では、また。

クーラー効かない・・・。

投稿日時:2013年07月15日 09:48:26

こんにちは~。

暑い日が続きますよね・・・それも、ムシムシと・・・。

そんな暑さを車の車内は、エアコンで涼しく快適に・・・。

でも、エアコン効かないと・・・死にそうになりますよね・・・。

やはりこの時期は、エアコン効かないんですってご来店が増えます。

先日も、MCCスマートでエアコンが・・・って。
image
点検すると・・・クーラーガスが入っておりません(^_^;)

ただ、このスマートは・・・

知らないとエアコンのマニフォールドゲージの接続先が解らないんです。

場所は・・・フロントグリルを外した中と右フロントフォグランプを外した中にいらっしゃるのです(^.^)
image
こんなん、解らへんで~って感じの場所でしょ。
image
知らないと、一生見つからないと思うんですが・・・。

そこにマニフォールドゲージを見て、ガスチャージです。

imageずは、ガスを入れてみてから、ガス漏れチェックなんですが・・・。

ガスを入れると・・・涼しい(*^_^*)

あとは、見れる範囲でガス漏れを見て・・・とりあえずお返しいたしました。

環境には、ガス漏れは悪いですが、エアコン修理は懐具合に悪いので・・・。

すぐに効かなくなるようならば、修理必要ですが・・・。

これも、お客様目線で対応を・・・(^.^)

何でも、ご相談くださいね。

では、また。

足廻りの異音にはご注意を。

投稿日時:2013年07月10日 20:07:18

こんにちは~。

梅雨明けしてからは、暑さが倍増した気がします(^_^;)

暑いと車も・・・多分・・・疲労が・・・(^.^)

そんな今日は・・・

足廻りの修理を・・・。

症状は、段差などで「ギシギシ音」やハンドルを切ると「ギーギー音」の修理です。

下廻りを点検したのですが、ボールジョイントのガタやダストブーツに破れは無し。

でも、ハンドルを切ると異音ということは・・・ねじられる部分です。

そこで、負担が一番多い箇所がロワのボールジョイントです。

このメルセデスベンツの場合は、ボールジョイント単品で供給されます。

新品は、こんな感じ。
image
交換には、特殊な工具で交換するのです。
image
この工具が無いと、作業は困難を極めるんですね~。

これが有ると・・・簡単(^v^)
image
で、取り外した部品を動かしてみると・・・ギーギーと音がしました。
image
左が不具合品、右が新品です。

その音を聞くと「ガッツポーズ」デス(*^_^*)

他にも、こういう関節になるジョイントまだまだあります。

でも、音である程度不具合箇所は、わかるんですよね。

それから、スタビライザーのリンクロッドも、ダメになるので要注意です。

これが、ダメになると段差でコトコト音がでますよ。

皆様・・・気になる音・・・放置すると・・・大変な事になるかも・・・(^_^;)


では、また。

CVTの警告灯・・・。

投稿日時:2013年07月08日 20:37:18

こんにちは。

なかなか、更新が出来ず・・・すいません。

今日は・・・本当に最近多いんです・・・。

何がって・・・メルセデスベンツのW169やW245のトランスミッション警告です。

故障コードは、スピードセンサーの故障が多いんです。

早い話が・・・

専門用語になりますが、バルブボディの内部のエレクトリカルプレートがダメなんです。
image
エレクトリカルプレートには、コントロールユニットも内蔵しているんです。
下の写真の黒い塊がエレクトリカルプレートで、右側の箱がコントロールユニットです。
image
通常のミッションであれば、単体供給されるんですが・・・このCVTに関しては

おそらく、製造特許の関係かなにかで、供給無しなんです。

だから・・・最低限で修理すると、バルブボディの交換になります。

修理代は・・・部品と工賃入れたら20万~25万位はかかるのかなぁ~。

ただ・・・注意しないといけないのが、ミッション本体が原因でバルブボディが故障していたら・・・
image
また、新品のバルブボディーが壊れて・・・ミッションASSYの交換が必要に・・・。

そうなると・・・修理代合計は・・・100万円オーバーです・・・(^_^;)

やっぱり・・・多い年式って有るんです・・・。

W169であれば、2005年式。W245で有れば2006年式。

この年式であれば、私は・・・年式の新しい中古ミッションをご提案します。
image
そな場合の修理代は、35万円前後位です。

(確かに当たり外れは有りますが、まだ・・・リスクは少ない・・・気がします(^v^))

交換作業は・・・

これが・・・また・・・面倒で・・・(-_-;)

エンジンをメンバーごと降ろしてから、
image
メンバーを取り外して・・・

エンジンとミッションを分離させる。
image
image
言葉にすると・・・簡単なんですが・・・(^_^;)


でも・・・昨年から本当にお困りのお客様多いんですね~。



ベネフルに出来る事・・・。

ベネフルにしか出来ない事(正規ディーラーはしない事)・・・。

お困りの節は、ご相談くださいませ。

では、また。

全10件 1件目から10件目まで表示


上へ戻る